偽りの言葉で溢れるこの世界で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「なぜ政府は「家計消費4.6%大幅減」の原因を天気のせいにするのか?」

<<   作成日時 : 2016/10/06 06:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

参考記事
2ch.sc
【経済】なぜ政府は「家計消費4.6%大幅減」の原因を天気のせいにするのか?

【税制】石原伸晃大臣「消費税10%では賄いきれない。15%に上げることを国民に問いかけて選挙すべき」

このタイトルの記事は韓国ですか?いいえ、違います。日本です。

記事タイトルをそのまま入れてしまっていますが、「なぜ政府は「家計消費4.6%大幅減」の原因を天気のせいにするのか?」と言うタイトルを見たときに韓国メディアの自国の政権批判なのかなぁと思ってしまいますが、日本での出来事なので、驚いてしまいます。

と言うより天気のせいにしていて面白いなぁと笑ってしまうところかもしれません。

嫌韓的なスレッドには攻撃的な言葉が多く集まってきますが、現政権の関係の場合は攻撃的な言葉はあまり集まって来ないような感じなので不思議に感じてしまいます。

これから選挙があっても自民公明連立政権の独裁政治をしていってまずいことになりそうだなぁと思ってしまいます。

前回の参議院選の前だと思うんですけれど消費税引き上げ延期の発表があって以前から確実に実施というようなことを言っていたので消費税引き上げ延期したときには驚きました。

消費税増税というのは経済にダメージを与える代わりに消費税によって税収確保ということだと思いますので、自分が総理の側の立場だったら自分にはダメージは無く低所得者層がネットでギャーギャーうるさいだけで実際には何か起きるわけではなく、以前から増税!増税!増税するべきという記事もあるため、確実実施とか言ってそうだなぁといったところです。

民進党(民主党)が壊滅的打撃を受けて野党側で与党を取れそうな勢力が無く、実際に選挙してますが、自民公明側の政治基盤があるため選挙をしてみると自民公明が与党になってしまうと言う状況が続いてくると、景気は回復基調などと言いながら、税率を上げていきそうな感じがしてしまいます。

この状況を打開するには野党側にまともな日本の政治勢力がなければならないなぁと思ってしまいますが、このままだと自民公明連立政権のやり放題な感じがします。

消費税率を上げた場合は国内の経済にダメージを与える代わりに消費税率による税収確保ということになると思います。

現在の日本の経済、政治はかなりおかしな状況になっているんじゃないかなぁと思ってしまいます。

人件費削減、非正規雇用化、低賃金化によって企業は利益確保できるようにするというのは分かるんですが、多くの人々が非正規雇用、低賃金化していることによって一人あたり給与が低下するため国内の消費が以前と比べ確実に下がらざるを得ないと思うんですよね。
さらに給与が低い低所得層は生活するだけでギリギリになってきてしまいます。

以前より多くの人々の給与が低いため、消費も確実に減るという悪循環になってしまいますが、日本国内の労働力を安く使おうと考えるならば今の状況はどんどんと良くなっているということにはなるため一部の企業、人間だけ利益確保できれば良いという風に考えると、今の状態はそう言う状態なのかなぁと思いますが、多くの人々の給与が低下したとしても円高になってしまうと一部の企業、人間だけ利益確保という状態は難しくなってくるんだろうなぁと思ってしまいます。

以前より給与が低くなっていても低所得層から見れば給与が上がらなくても円高が進むと円の価値が高くなるため給与が上がっていないのに輸入品が安く買えて生活が楽になるということもあったりします。

とりあえず、今の政治、経済状況を見ると日本国内で多くの労働者を低賃金で働かせるようにしてできるだけ労働者に賃金を払わないように働いてもらう環境作りをして一部の企業、人間の利益が確保できれば良い+日本人の労働力は安くて嬉しいね。という状態にしている政治なんじゃないかなぁと思ってしまいます。

実際に表情に出しているかは分かりませんが、多くの日本の人々は苦しい表情で生活し一部の企業、人間が笑顔で生活しているといったことにもなるかもしれません。

こう考えると、多くの日本人の給与が上がっていった方が国内での消費も上がっていって国のためにもなると思うんですが、政治として多くの日本人のための政党があれば良いんですが、多くのと考えてしまうと日本は少子高齢化していて年齢人口で老人が多くなっていっているため老人のための政治になってしまいます。

高齢者が増えていくのに高齢者の医療費確保し続けるというのは無理があると思うんですけどね。

年齢人口の多いところの医療保障薄くして年齢人口が少ないところの医療保障厚くできたりしないかなぁと思ったりしてしまいますが、民主主義の選挙と考えるとかなり難しいというか無理な感じがしてしまいます。

年齢人口で老人が少なく若者が多ければ、老人の医療保障厚くしたりしても良いのかなぁとは思ってみたり。

「多くの日本人のための政党」としてしまうと多くの高齢者のための政治になってしまうところが問題ですね。

ということで多くの日本人の給与を上げるための政党があれば良いんですがそいういった政党があるわけではないといったところ。

現在の日本の政治はおかしく感じ、日本のGDPが下がっていっても一部の企業、人間の利益が確保できれば良く、低賃金労働者が蔓延というのはおかしいなぁと言いますか、このまま行くと少子高齢化もありますが日本と言う国は自滅してくれそうな感じがします。

健在のところ日本人の労働力を安く使えるようにするという方向はおかしいなぁと思ってしまいます。

一人当たりの給与を上げていく方向の方が良いと思うんですけどね。

低賃金化の方が良いんですかね。

国内で以前より金の回り悪いので仕方ないといったところでしょうか。

とりあえず、そんなところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログパーツ時計
↓【pixiv】
自分の最新ブックマーク30件

自分のブックマークページ

日露戦争(OPver.)

とある国家の帝國海軍(only my railgun)

フィンランド戦記1「雪中の奇跡」 すごいなと思って設置してみました。

フィンランド戦記2「氷上の死闘」

フィンランド戦記3「大戦の狭間」

フィンランド戦記4「スオミの未来」

free counters
「なぜ政府は「家計消費4.6%大幅減」の原因を天気のせいにするのか?」 偽りの言葉で溢れるこの世界で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる