東シナ海は中国が支配するので日本は中国と仲良くすればいい

今回はこんなことでも。

前回のブログのタイトルで「中国軍の無血入場を許すのだ」というのはあとで見てみると恥ずかしすぎるタイトルだなぁという感じでした。

実際には起こるとは思えないタイトルですね。

今回はこのタイトルにしてみました。

といっても、このタイトルもふざけてはいますが。

ブログタイトルで「東シナ海 支配」と入れてますけど、中国は支配地域拡大していくイメージが強いのでこう書いてもまぁいいやということにしておきます。

アメリカの軍事力削減と軍事力行使の実行力の信用が?となってきたので中国が支配広げていくのかな?という感じなっているのかなぁと思いました。

これから日本が何していけばいいのかなぁと考えた場合

日本は民主主義なので多くの人々がどんなふうに考えるかで変わってくるとおもいますが

1、日本が核抑止力を持つ、憲法改正、自衛隊→国防軍、アメリカとの対等な軍事同盟など

2、第二次世界大戦後の今までどおりのアメリカとの関係(アメリカの属国のような日本)経済的植民地として利用されつつ仮想敵国に対抗、アメリカの軍事力削減のため日本の軍備拡充。

2.5、今までどおりアメリカに守ってもらう。日本の集団的自衛権解釈変えない。憲法第9条パワー。

3、アメリカの軍事力削減によりアメリカと中国のパワーバランスの変化が顕著に現れてきたため、中国と仲良くする、以前のアメリカとの関係のように中国に経済植民地されつつ中国に守ってもらう。

実際に現実的に有り得そうかもしれないと思いつくのは2かなぁと思いました。

1の場合は核抑止力を持つなどど言った場合アメリカにとって脅威と認識され、反発されて実際にはしなさそうだなぁと思いました。

3の場合は中国国内の治安維持、中国国外の軍事力拡張+維持で実際に現在の中国が支配を広げることができるのか?その前に現在の中国自体が崩壊するかもしれないので微妙な感じがします。

1が実行できたらすごいなぁと思ってしまいますが、日本の多くの人々の意識がどうなのかは分かりませんが自分自身で考えた場合、日本は軍事衝突に巻き込まれるべきじゃない、経済活動だけしてれば良いの!というイメージや、日本と他国で軍事衝突が起きた場合、至極当然のように自衛隊員死亡といったことが起こるので日本人というかなんというかやっぱり今までどおりで良い(今追加しましたが)2.5でOKとなりそうです。

日本の多くの人々の覚悟というか、意思というか、想いといったようなものがなければ、1は実行不可という感じがします。
1実行が必ず良いというわけでないと思いますし。

核武装するにしても、軍備拡充するにしても、実行した場合他国との関係が変化していくと想いますので簡単なことじゃないと想いますよね。

今のままより変えていってしまうと多くの犠牲者出てきそうという感じは分かりますが。

掲示板とか見ると韓国笑っている人いますが、アメリカ、中国に蹂躙というかどちらからも引っ張られている日本を見ると韓国みたいなものになって行くんじゃいかなぁと思ってしまいます。

小日本とか言われるのを見みかえけますけど、今後アメリカ、中国からみたら小日本に見えるのが普通になっていくんじゃないかなぁとも思ってしまいました。

そんなところです。
見つけた画像のツイート貼り付けてます。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック